肩がこる原因とは

肩こりに悩んでいる人はかなり多いと思います。

では何が原因なのでしょうか?

最近肩こりの人が急増していると言いますが、それはパソコンやスマホによるものといいます。

長時間の同じ姿勢でのデスクワーク、スマホ操作などが原因です。

これ以外にストレス、運動不足、冷房による冷えすぎなどが原因に挙げられます。

ではなぜ上記のことで肩こりになるのか?

簡単に言うと筋肉の血行障害により筋肉の老廃物が蓄積し、そのため血管が圧迫され痛みなどの症状を起こします。

肩こりに最も関係が深い筋肉は「肩甲拳筋」と「僧帽筋」です。

これらの筋肉は肩から背中にかけて広範囲にわたるので、この痛みは肩だけにとどまらず肩から背中にかけて影響を与えます。

だから、この血行を良くすれば肩こりを改善できる訳ですが、市販の塗り薬に含まれる血行を良くする成分がかなり効果を発揮します。

筆者も試しに第三種医薬品のトクホンチールを買って塗ってみましたが、即効性があり、すぐ痛みが引いてきました。

ただし、これは対処療法なので根本治療にはなりません。

長時間の悪い姿勢、ストレス、運動不足、冷房の効きすぎなどの原因を取り除く必要があります。

 

グルコンEX錠プラス 関節痛や神経痛を修復、改善する第三類医薬品の効果とは?