カミソリの断面は毛が太く見えるから断面なくしてみた

カミソリで処理をすると、カミソリで切った毛の断面が広くなり毛が太く見えると聞きました。
考えてみても、そうだなと思いました。カミソリ処理をして、切った断面からそのまま毛が伸びると、円柱型の毛が生えます。

ゴン太無駄毛の誕生です。一方、産毛から生え始めた毛先は細い毛になります。
つまり、カミソリ処理をして数日後にでてくる黒いプツプツがなくなるということですね。ということで、カミソリ処理をやめてみました。
では、カミソリで処理する以外できる処理は、除毛クリームと脱色クリームだと思いつきました。

私が試したやりかたは、毛がある程度伸びなければ除毛クリームが濡れないので、まずは少し毛が生えだしてから、
小まめに脱色クリームで脱色し、毛が目立たないようにして毛の育毛を始めました。

そこそこ、伸びましたし、しっかり脱色もできていて、これで満足という気もしましたが、
日光にあたると、肌の表面が金色に輝く毛の存在が許せず、除毛クリームへ踏み切りました。
除毛クリーム、気持ちいいほど抜けます、抜けるというより、溶けるに近いような感じでした。

カミソリ後のヒリヒリもないし、やはり、生えてきた毛はカミソリ後のゴンブト君よりはマシでした。
しかし、伸びると毛は目立ちますね。脱色クリームも除毛クリームもカミソリよりは優秀でした。が、しかし、やはり脱毛にはかないませんね。