【おならの臭い】くさくてオッケー

おならや便の臭いは腸内の健康のバロメーター。
腸内には、ビフィズス菌など人間の体に都合よく働く善玉菌園と、ウエルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌がいます。

実は便の悪臭を招くのも、この悪玉菌なのです。便は食べ物が消化·吸収されたあとの残りカスなので、臭いがあるのは当然です。
しかしもともと便がくさいわけではなく、腸内でまだ吸収されていないタンパク質や脂質を悪玉菌が分解·発酵させて腐敗物にするので、いやな臭いが発生するのです。

 

しかもこの悪臭成分は血圧を変動させる、炎症を起こす、発ガン性の物質になるなど、体に悪影響を与えます。

つまり便の悪臭が強い=腸内で悪玉菌がはびこっている=不健康な状態,ということ。

「便はくさくて当たり前」なんて決めつけず、 便の悪臭をやわらげ、腸内から健康にする努力をしましょう一番手軽なのはヨーグルトを食べて、善玉菌であるビフィズ ス菌を直接補給する方法です。
ただしヨーグルトのビフィズス菌は、胃で分泌されるペプシンによってほとんど殺されてしまうので、生き残りはごくわずか。ヨーグルトとは毎日食べ続けることが重要です。
食事療法にプラスするべきドクターアロマンスはこちら

カテゴリー未分類