住宅ローンの変動金利の仕組み

住宅ローンを組む場合、固定金利にするか変動金利にするか迷う人も多いのではないでしょうか。固定金利はわかりやすいけれど、変動金利は取り返しがつかないほど金利が上がるといやだという人もいます。どういう考え方がいいでしょう。

変動金利は金融機関によっても違いますが一般的には年2回金利が見直されるものです。金利の見直しがあると、返済金額もころころ変わると思っている人もいます。ところが多くの金融機関では住宅ローンの変動金利型の返済額は5年間一定となっています。金利については半年に一回ずつ、五年がたてば10回変動しているはずですが、その間は月々の返済金額は全く変わらないというのが、変動金利制のスタイルです。なぜこのような仕組みができたのでしょうか。1年間のうちに2回も返済金額が変わっては、返済する側も腰を据えて返すことが困難です。金額が変わりすぎると戸惑うでしょうから、利息が変わる回数を制限しているというわけです。金利は変わっても返済額は同じということは、返済額に占める利息と元金の割合を調整することになります。金利が上昇しても、月々の返済金を変えることができない場合は、毎月の返済金額のうち利息をたくさんとってしまえば問題ありません。普通住宅ローンでは返済回数が重なるほど利息の割倍が減っていくのに金利が上がると再び利息の額が増えてしまうのです。もしも住宅ローンの変動金利で融資を受けるなら、大まかな仕組みを知っておくことです。キャッシング即日融資