住宅ローンの返済プラン

何十年も続く大事業だといえるのが住宅ローンの返済です。ふつう住宅とは、一生のうちでたぶん最も大きな買い物になるでしょう。住宅ローンの返済では金利はもちろんですが、先々どのようにローンを返していくかも大事です。

まず最初に、ライフイベント表といって年ごとに今後の人生で起きるイベントを書き出していくものを作ってみましょう。書き出してから、住宅ローンを返済していくペースに基づいてプランを考えることが大切です。住宅ローンの返済をスムーズにするために考えなければならないのは、金利から生じる利息を減らすことです。低金利の住宅ローンにし、頭金を多くし、返済期間を短くし、繰り上げ返済を積極的に行うことによって、利息を減らす工夫ができます。金利に関係なく、金利を減らす工夫で利息額を減少させることは可能ですが、返済する時点での家庭の貯蓄はかなり減ってしまう方法でしょう。住宅ローンの繰り上げ返済のプランを立ておくことは、返済を早く終わらせるためにも、金利に比して利息を減らすためにも大切なことです。返済期間を短縮するタイプと、返済額を増やすタイプの、2種類の繰り上げ返済があるようです。手数料が繰上げ返済の手続きにはかかりますから、手続きはある程度まとめてした方が良いかもしれません。いくら住宅ローンの金利を減らすとはいっても、それだけ家計に負担となってのしかかるのが繰り上げ返済です。景気が不安定な状態が続く中、住宅ローンの金利を減らしたくても、いくぶんは手持ちの資金を残しておく方が賢いかもしれません。