ヒアルロン酸注入によるバストアップ

若い女性における悩みの一つに、小さいバストがあります。そのことに劣等感を抱いているため、水着になる海やプールに行かなかったり、旅行に行っても温泉に入ることを嫌がったりします。

●プチ豊胸
そこで、バストアップの手術を受けることを考えますが、ただ身体にメスを入れることには抵抗があります。そんな人に適しているのが、「プチ豊胸」と呼ばれるバストアップ手術です。

プチ豊胸というのは、乳房にヒアルロン酸を注入するバストアップ方法のことです。本格的なバストアップの手術では脇の下を切り、そこから乳房にシリコンバッグを埋め込みます。一方、プチ豊胸ではSUB-Qと呼ばれるヒアルロン酸を注射器で注入するだけです。従って、手術も30分程度で終わり、すぐに普段の生活に戻れます。

●痕がつかない
手術で一番気になるのが、痕が残ることです。ところが、プチ豊胸は注射器の針を刺すだけなので、手術痕が全く残りません。また、異物を埋めるわけではないので、レントゲンに映ることもありません。

そして、注入するヒアルロン酸はアミノ酸の一種であり、本来人間の身体の中にある成分のため、体内に入っても拒絶反応を起こすことがありません。安全性が保証された手術になっています。

逆に、ヒアルロン酸は体内にある成分のため、月日とともに体内に吸収されていきます。1年程度でバストが元に戻るため、必要に応じて手術を繰返さなければなりません。

https://www.fastfind.info/